PPC広告の種類:SNS型「Twitter」の概要と特徴

PPC広告はクリックすると広告を出した人の収益になる仕組みですが、SNS型のPPC広告の場合は単純にSNS上にPPC広告を出すということになります。アフィリエイトなどをやっている人の場合はサイトアフィリエイトはサイト上にPPC広告を出す場合が多いのですが、SNS型のアフィリエイトの場合はSNS上にPPC広告を出して収益化します。Twitterは企業も個人も利用しています。Twitterも他のSNSにしても拡散しやすいという特徴はあります。サイトの方が見る人の人数自体は多いでしょうが、SNSの場合は直接的な知り合いにPPC広告をアピールしやすいということがあります。もちろん個人のアフィリエイトの場合は、知り合いに広告をアピールしすぎると嫌われるのですが、それ専用のアカウントを作成し、興味のありそうな人に対してPPC広告を出すという人も多いでしょう。
企業がオウンドメディアを持つ際には真っ先に持つべきものはサイトなのですが、SNSと連動させるとより相乗効果があります。実際サイトを見ていると連動させいているものが多いことがわかるでしょう。それぞれのSNSごとのアカウントをサイトに載せることによって、積極的にアピールしています。PPC広告はいろいろな出し方があって、それぞれを連動させることによってより相乗効果を発揮します。この相乗効果というのが重要で、いろいろなものをなるべく組み合わせた方がお得でしょう。しかし、労力的に厳しい場合にはサイトを中心に力を入れると良いでしょう。最近はインターネット上のサイトよりもSNSを見る人が多いと言われており、またそのほとんどはスマートフォンから見ると言われます。LPのスマホ版のデザインもきちんとする必要があります。また、スマートフォンで見ることを前提にSNSに特化するという作戦もありますが、SNSは拡散に限界があります。もちろん一時的に大きな話題性を持つことは可能なのですが、継続的に誘導するのが難しいということです。こういったサイトなどは継続的に顧客を誘導して広告をクリックしてもらわなければ儲からないのですが、サイトの場合はそこにおいておけるので、ある程度放置していも顧客が集まります。しかし、SNSの場合は更新したものが一時的に表示されるだけなので、見てもらうのが難しいということです。更新したタイミングでSNSを開いた人がたまたま見る可能性はありますが、広げていくのが難しいということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です