PPC広告:効果を最大限に実感できるPPC広告の選び方

PPC広告はリスティング広告を包括する概念です。今までの広告は全く興味のない人にまで届いてしまっていて非効率でしたが、PPC広告は情報を欲しているユーザーに情報を届けやすくなっているのが特徴です。
SNSと連動したプロモーション広告などがあり、購買モチベーションが高まっているユーザーに対しては効果が高いです。今すぐ買いたい、選びたいと考えているユーザーに対してこそ、PPC広告は効果を発揮します。
PPC広告の効果を最大限に発揮するための選び方として、まず大切なのが自分たちの商品やサービスの強みを見つけることです。売りたい側にとっては商品の全てが魅力に見えてしまうため、それを売りにしたくなります。しかし、ユーザーが欲している情報はそこではない場合もあります。
ユーザーが悩んでいることに対してダイレクトに訴求することができる強みを見つけることが、第一に気をつけたいことです。
PPC広告は大きく分けてリスティング広告とディスプレイ広告の2種類があります。
リスティング広告の費用はクリック数×クリック単価で計算できます。効果測定タグを設置して、キーワードを決めて、ターゲットや予算を決めます。広告の制作はバナー広告かテキスト広告です。広告の最適化のためには、キーワード・広告の文言・デザインやリンク先のランディングページの内容を充実する、などの必要があります。
リスティング広告はリスティングを行なっているサービスに申し込んで費用をかけてホームページに集客するやり方です。自分でもできますが、知識が乏しいとクリック単価が高くなってしまうのでわからない場合はリスティング広告の代理店に頼んだ方がいいでしょう。
ディスプレイ広告は、WEBページの一部として埋め込み型で表示される画像や動画による広告です。リスティング広告はキーワードを設定する必要がありましたが、ディスプレイ広告はバナー画像や動画を入稿するのが特徴です。
検索だけではアプローチが難しいユーザー層にも情報を伝えることができます。キーワード設定に対して広告を表示させるPPC広告が伝えたいことにあっていない場合には、人に対して広告できるディスプレイ広告を使ってみてもいいでしょう。
PPC広告の選び方は、どんなものを扱うのかによって異なります。PPC広告さえ出せば黙っていてもお客さんが寄ってくるわけではないので、最適な広告方法を選んで、キーワードや動画などの設定を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です