PPC広告:検索連動型「Yahoo!プロモーション広告」のメリット・デメリット

検索連動型PPC広告「Yahoo!プロモーション広告」のメリットは、まず意識の高い人にピンポイントで広告を配信できるということです。検索連動型広告というのは、ユーザーがなんらかのキーワードで検索した場合にそれに連動した形で広告を出させる仕組みです。検索するという行為は、そのキーワードについて何かしらの情報を求めているから行うわけなので、その時点でそのユーザーはとてもそのキーワードに対して意識が高いわけです。Yahoo!プロモーション広告では、特定のキーワードに対してピンポイントで広告を出すことができますから、意識の高いユーザーを狙い撃ちにして広告を出せるのです。ですから、出した広告をクリックしてくるユーザーは、商品やサービスを購入してくれる可能性が高いのです。非常に効率のよい広告方法だといえます。しかし、これは逆に言うと広告効果の範囲は狭いというデメリットであるともいえます。例えばテレビCMのような、不特定多数の人々に自社をアピールすることができるという性質のものではないということです。Yahoo!プロモーション広告のもう一つのメリットは、低料金で始められることです。テレビCMを打つには何百万何千万円の資金が必要になりますが、PPC広告なら数万円もあれば十分広告を出すことが可能です。PPC広告なのでクリックされたときに初めて広告料が発生する仕組みになっていて、広告が出ただけでは費用は発生しません。広告効果の測定がしやすいのもPPC広告の良い点です。テレビCMなどでは、効果測定が難しいですが、PPC広告はクリックされた回数や商品購入につながったかどうかなどを詳細に把握することが可能です。ですから広告の効果測定が容易で、広告の出し方の改善も簡単にできます。また、広告を出すのをやめようと思えばいつでも即座にやめることができるのも便利な点です。やめようと思えば今すぐにも広告出稿を打ち切ることができます。それからPPC広告はキーワードを選定して広告を出稿していくわけですが、当然ながら競合他社も同じようなキーワードを狙って広告を出してきます。正直に言うとビッグワードは資金力のある大手が買い占めているような状況ですが、それでもニッチなワードでコツコツ広告を出せば弱小会社でも勝機があります。の小回りのきくのもPPC広告のいいところです。ランディングページの運用とうまく組み合わせると良いでしょう。PPC広告を上手く使いこなすには少し時間がかかるので、とにかく早く始めてみて、反応のよいキーワードを探るといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です