PPC広告とリスティング広告の違いとは?

広告業において主要な役割を果たすPPC広告とリスティング広告の違いについてご紹介します。
・PPC広告について
PPC広告とは、 Pay Per Click の頭文字を取ったものの事を指し、クリック課金と呼ばれることもあります。
インターネットでクリック数の追跡ができるようになってから広く使われるようになりました。
この形態の広告の特徴は、バナーがクリックされるまで広告主は宣伝費を支払う必要がない、ということです。
広告に興味を持った、収益に繋がる可能性が高い客からのアクセスに対してのみ広告費を支払えばいいことになるため、広告主にとってPPC広告は、従来の表示させるだけで料金が発生するタイプの広告と比べると、格段に費用が抑えられ効果も高いシステムだということができます。
一方、PPC広告を貼る側としては、消費者がクリックしなければいくつ広告のリンクを掲載しても収益を得ることができません。
そのため、より消費者の関心に近い広告を表示し、クリック数を増やすために検索エンジンでのPPC広告では消費者が入力したキーワードに沿った広告が表示されるような工夫がなされています。
広告主が事前に自分の広告を表示する単語を登録しておき、消費者が検索エンジンなどでその単語を検索した時のみその広告を表示するようにしているのです。これによって、消費者が関心を持っている事柄に近い広告を常に表示することが可能になります。
この関連ある商品の広告を表示する仕組みを取り入れる事により、PPC広告は広告主と広告のリンクを貼る側両方にメリットのあるシステムとなっています。
・リスティング広告について
リスティング広告とは、広告を配信することで消費者のアクセス数を増やす集客方法のことを指し、検索連動型広告とも呼ばれることもあります。
この形態の広告は、消費者が検索したキーワードに連動して、広告先のリンクが検索結果の上の方に表示されるようにする方式をとっています。
このシステムを使うと、常に消費者の目につく位置に広告を表示できるため、少額の費用で効率よく LPに人を集めることができます。
主に商品を販売する通販サイトのような場所で利用されているほか、個人で経営しているサイトでもドロップシッピング(ネットショップ運営の形態の一つ。ショップで注文が入った時点で、それをメーカーや卸売り業者から直送させる方法)やアフィリエイトとして利用している人もいます。
この広告はキーワードを指定して広告を出すシステムであるため、そのキーワードで検索する消費者が何を求めているかの考察して広告を出すことが重要になります。
以上をまとめると、PPC広告とリスティング広告はキーワードを指定して広告を掲載する点では共通していますが、広告を表示すること自体に費用が掛かるか否か、という点で違いがあることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です