PPC広告:バナー広告型「MicroAd」のメリット・デメリット

PPC広告は企業にとって集客を見込んだり売り上げ伸ばすための広告運用には必須のものとなっています。PPC広告には、種類も数々ありそれぞれの特徴をもったリスティング広告とも呼ばれるものがある中でMicroAdの提供するPPC広告も次世代型のPPC広告となって注目を浴びています。マイクロアドでは最先端のディスプレイ広告配信技術で広告主側へは広告の最適化配信が可能となり、メディア側には増益を図ることができるものとなっていて相互にとって魅力的なものになっています。MicroAdの特徴には色々なメリットがありますが、デメリットもまた存在し、MicroAdのPPC広告の活用にはしっかりとした仕組みの理解が必要にもなります。通常のバナー広告型やPPC広告と異なる特徴をもつMicroAdでは、バナー広告型を軸としてDSPとも呼ばれるメディア側と広告主をつなぐプラットフォームのサービスを行って、広告主へとより効率的な広告運用となるよう仕組みのPPC広告を提供しています。メリットは広告枠の買い付けや配信、分析までを自動で行え最適化が図られるようになっており、SSPとの連携で機能できるようになっています。海外から誕生したといわれるDSPを日本では、最大規模のシェアとなる国産のDSPとして独自のシステムによってコストカットできる魅力とともに、広告の出稿や管理を行うことができるようになっています。また、マイクロアドBTパートナーといわれるクリック保証型の活用では、企業のみならず個人のアフィリエイトにおいてのPPC広告利用となる種類の選択においても、他のAdSenseプログラム同様認知され活用されるようにもなっています。行動ターゲティングの独自コンテンツの連動型広告の導入が魅力にもなっています。デメリットでは広告表示のコンテンツが少ないことや、他のAdSenseプログラムと比較してクリックによる単価が安いなど挙げられます。広告主側にとってはメリットとなる要素が多く見受けられるものになっています。自動的なバナー広告の配信やクリック率の分析が可能となる、他従量課金の広告予算の見通しや効果の検証もできるようになることから、広告運営に専念できる環境が整うことが最大の魅力でもあるようです。日本では近年から普及し始めたDSPのシステムであることから、国産としてのDSPを提供するマイクロアドの今後の動向が注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です