PPC広告の種類:検索連動型「Yahoo!プロモーション広告」の概要と特徴

Yahoo!プロモーション広告の検索連動型PPC広告は、広告の初心者に適しています。小規模なネットショップの場合は、費用対効果が高い広告手段を考えたいものです。そういう人に対して、安定した集客力を発揮してくれるのがYahoo!プロモーション広告の検索連動型のPPC広告です。
PPC広告は、クリックされない限りは広告料金が発生しないのが特徴です。Yahoo!JAPANは日本人用に作られており、ユーザーが多いので広告を出稿する場所として適しています。
ネット広告以外だと情報が欲しい人にダイレクトに届けることが難しいです。しかし、検索連動型のPPC広告であればYahoo!JAPANの検索窓に入力したキーワードから推測して見込み客に対してPPC広告を出すことができるので、コンバージョン率のアップにつながる可能性があります。
Yahoo!プロモーション広告の検索連動型のPPC広告を使うメリットは、何と言っても使いやすさにあります。初心者でもすぐに広告が配信できるようなツールが揃っているので、広告のことはほとんどわからないという人でも自力で始めることができます。もちろん、多少広告についての知識がないと集客に結びつかないかもしれませんが、まずは体験してみて学びたいという人には適しているでしょう。
この方法でPPC広告を出すときに大切なのが、キーワード選びです。ユーザーが検索窓に入力したキーワードに連動してPPC広告が出現するので、適切なキーワードを入れないと見込み客を逃してしまう可能性があります。
お客さんに対しての広告キーワードというと、つい自分たちが売りたいものを考えてしまいがちですが、それだけだとうまく表示されないかもしれません。
ユーザーがどんな悩みを持っていてどんな情報を欲しがっているのかという、顧客心理まで考えてキーワードを選ぶ必要があります。ランディングページ制作の時もユーザの詳細なペルソナを作るなどの工夫が必要です。
例えば、鍵をなくして家に入れないで困っているユーザーであれば「鍵」「紛失」「入れない」「方法」など家に入る方法で検索する可能性があります。そのときに24時間鍵を開けてくれるサービスをやっているお店があったら、すぐにでも頼みたいと考えるでしょう。そのときにタイミングよく「24時間鍵開けます」などという広告が表示されたら、クリックしてそのまま契約してもらえる確率が高いです。
このように、キーワードはユーザーが求めていることを考えて選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です