PPC広告:検索連動型「Indeed」が適しているのは?

Indeed とは、世界規模で求人情報の検索ができる、求人情報専門の検索連動型PPC広告です。就職や転職活動の際に、誰もが一度は目にしたことがあるサイトで、TVCMなどでも流れています。展開されている国は50カ国以上に及び、28言語に対応しています。IndeedのPPC広告は、他のスポンサードサーチやGoogle AdWordsのようなキーワード入札によるものではなく、求人情報単位で入札が行われるシステムです。リスティング広告のようなキーワード設定を必要としない検索連動型PPC広告なので、初心者の場合でも簡単に広告を配信することが出来ます。また、リスティング広告と比べるとクリック単価が低めなので、お試しで参入したい企業にも適していると言えます。PPC広告のIndeedに求人を掲載するには、先ず専用サイトにおいて、アカウントを作成する必要があります。その後に「求人を投稿する」ページにおいて、求人情報を作成することになります。求人情報の作成の仕方については、サイト内に「効果的な求人票の書き方」が載せてあるので、参考にすることが出来ます。ポイントとしては、求人に関して明確かつ詳細に記することで、求職者の立場に立って作成するのが効果的だと言えます。

求人情報を入力した後は、PPC広告の予算を設定することになります。予算の設定方法としては、自動調節設定と主導設定の2つの方法があります。自動調節設定では、日毎、月ごとの利用額を設定し、予算内で最大限の広告クリックが発生するように、サイト側でクリック単価が自動調整されます。手動設定の場合は、PPC広告掲載に当てる総予算額を設定することになり、自分で上限のクリック単価を設定することが出来ます。どちらの予算設定においても、何時でも自由に募集停止や募集を終了することが可能です。PPC広告掲載結果の確認に関しては、サイト内のパフォーマンスレポート又は各求人詳細ページで確認することが出来ます。レポートは日付ごとや求人案件ごとに結果を確認できます。レポートの項目としては、クリック数をはじめ、表示回数やクリック率、平均クリック単価や費用等詳細にわたっており、費用対効果が分かりやすくなっています。また、平均表示位置や応募数、そして応募率や単位費用も算出されるので、今後の予算計画の参考にすることが出来るわけです。IndeedのPPC広告の日本における閲覧数は世界1位で、採用活動における最有力の情報源になっていると言えます。

PPC広告:検索連動型「GoogleAdWords」が適しているのは?

GoogleAdWordsの検索連動型PPC広告が適しているのは、すでにその商品やサービスのジャンルに興味を持っているユーザーに対してです。
検索連動型は、ユーザーが検索窓に入力した検索キーワードによって、表示されるPPC広告が変化します。
例えば通販サイトでビタミンサプリメントを購入したいと考えているユーザーの場合は、検索窓に「通販」「ビタミンサプリ」「値段」「メーカー」などと入力する可能性があります。
他のメーカーと迷っているようなユーザーであれば、そこにPPC広告が表示されればクリックして記事を読んでくれる可能性があります。
また、PPC広告の中に第三者的な視点で書いた記事を入れることで、この企業は有益な情報をもたらしてくれるという印象を与えてその企業の商品に魅力を感じてもらえる可能性もあります。これはコンテンツメディア的な使い方ですが、PPC広告の内容で使ってもいいでしょう。
GoogleAdWordsのPPC広告は、テキストの形で表示されます。バナー広告などと違い、画像は表示されないのでユーザーの関心を惹けるキャッチコピーを考えたほうがいいでしょう。
PPC広告はクリックしてユーザーがWEBサイトにアクセスした時にだけ料金が発生するので、小規模な会社の広告にも使いやすいです。キーワード選びさえ間違わなければ、コストパフォーマンスが高い方法です。
ユーザーが情報を求めている時にだけPPC広告が表示されるので、ユーザーの意思に関わらず表示される広告に比べて違和感を持たれにくく、適切なタイミングで表示させることができます。
すでにその商品やサービスを購入したいと考えている見込み客に対して、取り逃さずに情報を提供して商品を売りやすくなります。
GoogleAdWordsはユーザーの所在地によって広告のターゲットを設定することも可能なので、会社やお店の近くにいるユーザーに対してだけ広告を表示させることもできます。地域に合わせて表示できるのがメリットです。また、日本以外に海外に向けての広告の配信設定もできます。
コンバージョン率の向上のために配信したり、サイトへのアクセスの増加のために使うこともできます。クリックしない場合は、たとえユーザーの検索結果に広告が表示されても広告主にはお金がかかりません。大手のポータルサイトなどに広告を表示させるお金はないという場合にも最適な広告方法と言えます。

PPC広告:SNS型「Facebook」のメリット・デメリット

一般的なネット広告はコンテンツと別枠に表示されますが、SNS型の広告はユーザーのタイムライン上に表示されるインフィード広告なので、目にとまりやすいというメリットがあります。
PPC広告でSNS型のFacebookを採用するために、まずは特徴を理解しておきましょう。利用者層は20〜40代で、男女比は半々です。ビジネスの利用が多く、有益で新しい情報が好まれる傾向があります。Facebookは職業や婚姻状況など属性情報が詳しくわかるので、ターゲティングの精度がSNS型のPPC広告の中では最も高くできるというのがメリットです。SNS型の中ではパソコンからのユーザーの割合が多いため、高価格商材を売るのにも適しています。
ただし、最近ではスマートフォンからの利用に移行しているユーザーが増えてきているので、それに合わせたPPC広告作りが大切です。
FacebookのPPC広告は、画面の中に投稿と同じように表示されます。ちなみにパソコンの場合はフィード側の右がわりに表示されます。広告記事には「広告」という表示がつくので友達からのフィードと区別できます。
FacebookでPPC広告を行うメリットは、ターゲットを定めて広告できるところです。その広告を必要としているユーザーにダイレクトに情報を届けることができるので、興味をもって見てくれるユーザーがつく確率が高いです。
使い方は大きく分けて「いいね!」を増やして認知度を高めることと、自社のオウンドメディアやECサイト動画などに誘導するための広告を打つ、という2種類があります。正確にはもっと細かいですが、大別するとこの2つの使い方が主流です。
実名で登録して使う必要があるSNSなので、属性情報に加えて、そのユーザーがどういう行動をしているのかについても分析できます。何を購入した、旅行した、家族構成などまで考慮してPPC広告を作れます。
デメリットは、個人情報の流出が起こるリスクを伴うことです。企業にとって、顧客の個人情報の流出は大ダメージになります。一度信用を失ってしまうと、そのユーザーだけではなく社会的な信頼も失ってしまいます。
匿名性が高いだけに、PPC広告による情報流出に関しては気をつける必要があります。
SNSを使ったPPC広告の中でも、本当に情報を欲しがっている人に情報を伝えやすく、オウンドメディアなどとの連携も可能なので高い効果が期待できますが、セキュリティには十分な注意が必要です。

PPC広告の種類:バナー広告型「nend」の概要と特徴

PPC広告の中でもバナー広告型「nend(ネンド)」は、ウェブ用のスマホ広告やアプリ広告、アイコン広告など、スマホ向けの広告に特化しているクリック課金型広告サービスです。クリック型広告の広告では、Google系のPPC広告が最も有名で、パフォーマンスの高さにも定評があります。しかし、PPC広告のnendも、非常にハイパフォーマンスなPPC型広告の一つと見なされています。
バナー広告型PPC広告のネンドには、ネイティブアド用の機能が備わっています。この機能を応用すると、動きを表せるバナーや、テキストを動かせるバナーを作成してユーザーの目を引くことができる点が大きな特徴です。
PPC広告nendのネイティブアド機能は、広告主側に広告パーツを入稿してもらって、メディア側はnendにおける制限範囲の中でメディアレイアウトに馴染ませることや、自由なカスタマイズができる機能です。
最近では、こうした機能を応用して、バナーを自由にカスタマイズするメディアも増えてきています。その一つが、「シェイク」つまり揺れるバナーです。このタイプは非常に目を引く方法なので、高CTRも期待することができます。動きがあるコンテンツが多めなゲームアプリにも相性が良いと言えるでしょう。例えば、ゲームオーバーの画面にこのタイプを利用すれば、結果をただ伝えるだけの画面よりも明るさをプラスして演出することもできます。
また、アプリで非常に増えているのが、ネンドの「マーキー」です。この方法は、特にゲームアプリで活用されています。通常、ゲームアプリではメニューボタンやスコア領域、中央のプレイ領域、さらに敵キャラクターの導入など、画面がコンテンツで溢れてしまう傾向が高くなっています。そんな時に活躍するのが「マーキー」です。
マーキーでは、サイズを変更して掲載することができるので、画面内の余白を上手に使用することが可能になります。このタイプのPPC広告なら、テキストが動きますので視認性も良く、高CTRが期待できます。ランディングページを作る時も魅力的な画像を使いましょう。アプリのモチーフに応じてデザインしてみたり、横向きのアプリにおいては、画面の使い方そのものを工夫できる可能性があります。
さらに、「タイピング風」は、1文字ごとに表示することができるので、手書きのような雰囲気のPPC広告になります。背景を工夫することで、黒板あるいはホワイトボードを表現することもできます。PPC広告のバナーを自由にカスタマイズすることで、CPMを改善した事例も少なくありません。

PPC広告:見込み客の集客向けなのは?

見込み客を集客するために効率的な手法を展開したい場合、どのような方法が集客向けなのかご存知でしょうか。ここでオススメする手法は、ランディングページに加えてPPC広告を利用する方法です。PPC広告というのは、「Pay Per Click」を略したもので、広告をクリックする度に課金される形の広告を指しています。1クリックあたり100円や、200円といった金額に設定することが可能です。
また、PPC広告と同様にリスティング広告というものも存在します。大雑把に言えばどちらも同じようなものと言えますが、厳密に言えば違いもあります。リスティング広告は、検索連動型になっています。例えば、Googleでキーワードを検索した際に表示される、「広告」というマークがついたものです。
先程触れた通り、検索エンジンで探した結果に連動する形で表示されるリスティング広告もPPC広告と言えますし、広告が配置されているブログの中身に関係ある広告を表示するタイプなど、広告の種類は様々です。ここでは、PPC広告を基本的にリスティング広告と同じ意味で使っていきます。
さて、検索エンジンを使って表示される検索結果のページから自社のサイトを訪れる人は、該当する分野について関心を持っている可能性が高くなります。つまり、見込み客であるという訳です。広告媒体として、検索結果を意図的に活用していくマーケティング活動は「検索エンジンマーケティング(SEM)」と呼ばれています。
情報を求めているユーザーや、興味を潜在的に抱いているユーザーに対して直接働きかけることができる点が、PPC広告の特徴です。見込み客だけをターゲットにすることができるので、集客向けと言えるでしょう。また、広告がクリックされなければ広告費が発生しません。クリック課金制が導入されており、広告を出稿する費用が低コストなので、費用対効果も優れています。
そして、電話による営業や訪問での営業と比較すると、PPC広告は見込み客限定で集客できるので、効率的なインバウンド型営業を実現することができます。
PPC広告では、ホームページに興味を持ったユーザーを集客することができるため、営業スタッフがわざわざ勧誘する必要もなく、ユーザー側からホームページに問い合わせがあり、注文してくるという特徴があります。営業スタッフにかかる人件費をカットできる点も魅力です。
ただし、PPC広告を使って成果を出すためには、PPC広告を担当する人がPPC広告を運用するために十分なスキルと知識を持っている必要があります。

PPC広告の種類:バナー広告型「GoogleAdWords」の概要と特徴

PPC広告とは別名バナー広告型と呼ばれ、ブログやホームページにインターネット媒体企業が契約している企業の広告をバナー広告として張り付けることです。そしてバナー広告がブログやホームページを見た時に気になってクリックされた段階でバナーを張り付けてくれた人に小額の金利を贈与してくれることです。PPC広告のメリットはブログやホームページを開設した人間にとっては余分な空きスペースを埋めるとともに様々な商品を陳列することで色合いを与えることができるのでブログやホームページ、ランディングページの質を上げることが出来ます。もちろんそれだけでなくそしてバナー広告をだす側としてもメリットがあり、それはPPC広告を張り付けてもらうことで企業の宣伝に使えるとともにインターネット媒体企業も広告料をもらえるので利用した人たちがすべてに恩恵が与えられるため利用数が伸びているのです。そのPPC広告は様々な種類が存在するのですが、その中でも特に利用するが多いのがバナー広告型を広めるきっかけとなったGoogleAdWordsです。GoogleAdWordsはインターネット媒体企業グーグルが作成しているバナーサービスであり、グーグルとアカウント登録をするだけ誰でも手軽に使えるPPC広告です。PPC広告GoogleAdWordsの概要としては、アカウント登録後においてGoogleAdWordsの専用サイトに入り自身のブログ及びホームページのアドレスを登録します。そしてアドレスを登録後にHTMLが作成されるのでそれを張り付けることで利用することができます。PPC広告として特徴としては、インターネット媒体企業がグーグルであるため利用数及び信頼性が高く日本のあらゆる企業が協賛しているので多種多様な企業広告を載せることができます。さらに自身が載せているブログやホームページの内容がブログ収入で得るアフィリエイトを行う場合には、そのアフィリエイトの内容に沿ってバナー広告の内容を組み替えることができることだといえます。そのうえでアフィリエイトとPPC広告を織り交ぜることができれば、その乗せている広告とブログやホームページの内容を深くすることができるのでブログ閲覧数を伸ばすことができるといえます。これらの特徴がうまくかみ合えば、PPC広告は利用するものにとってある程度の資金源になることから利用数が伸びているサービスであり、特にソーシャルネットワークサービスが普及する現在では張り付けることが主流となりつつあります。

スマートフォンやタブレット端末向けのPPC広告とは

PPC広告というのは検索内容に連動して広告が表示されるリスティング広告のことで、PPC広告の中で最も活用されているのはクリック課金型広告です。PPC広告をクリックしただけで報酬が得られるタイプで、クリックする側がリンク先で購入を行わなくても報酬が得られます。検索エンジンでは、通常検索結果の上部と右側にPPC広告が設けられており、検索内容に合っているだろうPPC広告がそこには表示されています。PPC広告である場合は、広告と記載されているのでPPC広告であることがよく見ると分かると思います。

PPC広告は要は宣伝なので、企業や事業者などが存在を知ってもらうために活用します。検索エンジンに広告表示を依頼して表示されるまでの時間は早くて20分で、すぐに取り入れられることも魅力として挙げられます。検索エンジンは日本全国、言葉は違いますが世界各国で使われているものなので地域密着型の事業や企業は活用できないと思われてしまうこともありますが、表示地域などの細かい設定も行えるのでターゲットを絞った広告表示も可能です。

しかし、PPC広告による効果を得るためには運用が重要になります。まず、検索エンジンシェア最適化を行います。スマートフォン運用をすることでPPC広告はSEO的に上位表示されやすくなるといわれているので、検索エンジンにスマートフォン優先でリスティング出積して効果的なキーワードを見つけると良いでしょう。次に行うことは広告グループ最適化で、グループの細分化をすることで発見した効果的なキーワードに合う広告文表示が可能となります。そうしたら、エリアで予算設定を考えるエリアマーケティング・広告文を色々作成してテストすること・SEOキーワード探し・広告文からのタイトル設定などを行うと良いとされます。

現代はスマートフォンやタブレット端末といった持ち運びに便利な端末の利用者が多いため、PPC広告を活用する時にはスマートフォンやタブレット端末の運用及び管理が重要になります。その他にも、表示エリアや利用者(お客様)の多いエリアを特定して予算を考えることも大事ですし、検索ワードとサイトSEOの関係性を見直して修正をかけることも大切なことです。良い広告、クリックしたくなるような広告文及び広告を表示させるためにはそのような運用管理が最も重要なことであるため、広告を出しただけで終わりではなく定期的に運用と管理を行うと成果を得られると思います。

PPC広告:WEBページ掲載型と検索連動型の大きな違いとは

PPC(Pay Per Click)広告は、クリック課金型という意味で1クリックに対して広告費用が発生します。なので、契約に至らないユーザーがたくさんクリックしてしまうと効率が悪い広告方法になってしまいます。
PPC広告の中では検索連動型はよく利用される方法です。これと掲載型との違いについてみていきます。
WEBページ掲載型と検索連動型では、広告が出る場所に違いがあります。また、広告費のかかり方も異なります。
前者は文字どおり、WEBサイトのページ内に広告が掲載されます。後者は検索エンジンの検索結果の近くに掲載されます。
PPC広告の検索連動型は別名リスティング広告とも呼ばれていて、検索エンジンの検索結果のページに、検索キーワードと連動して広告が掲載されます。検索キーワードと連動するということは、ユーザーはその検索キーワードについて興味を持っているということです。つまり、自分たちが提供している商品を買ってもらえる確率が高くなります。広告がクリックされた時だけ費用が発生するので、キーワード毎に1円からオークション入札形式で広告料が決定されています。PPC広告の中でも効果的な宣伝方法と言われています。
一方、WEBページ掲載型は特定の分野に特化した大手のWEBサイトやポータルサイトなどに自社コンテンツを広告として掲載する方法です。競合に勝つのは難しいですが、独自の強みを売りにすることができます。大手メディアの集客力を利用できるので、効率よく認知してもらえます。ちなみに、WEBページ掲載型はディスプレイ広告と呼ばれることもあります。
PPC広告は広告を出していると広告費がかかるわけではなく、クリックされない限りは広告費がかからないというメリットがあります。ただし、PPC広告を使って売り上げを伸ばすためにはキーワードの選定やターゲットの選定など様々なことを考える必要があります。
PPC広告を載せればすぐに売り上げが伸びるわけではないので、注意しましょう。
PPC広告の中では検索連動型はキーワードの選定さえうまくやれば、コストパフォーマンスが高い方法です。WEBページ掲載型は大手メディアの集客力を活用してPRするのには適していますが、そのぶん固定費がかかります。クリック単価によって決まるものもありますが、月額固定費と手数料が広告料として取られる場合が多いです。
これに対してPPC広告だと1クリック毎に1円という課金方法なので低い広告料で始めることができます。

PPC広告:SNS型「Facebook」が適しているのは?

PPC広告をする際に、FacebookがSNS型の中で最適かどうかを調べるには、まずはFacebookのユーザー層を理解しておく必要があります。どんな人が使っているのかを知らなければ、自社のPPC広告に適しているかどうかわかりません。
Facebookユーザーは、年齢層が30〜40代と、若者世代から一段階高くなっています。また、匿名性が低く、実名で登録するケースがほとんどなので嫌がらせや炎上などが起こりにくいというメリットがあります。
拡散速度はそれほど速くありませんが、文字制限がないので伝えたいことをじっくり伝えることができます。
FacebookのSNS型PPC広告は、ブログ内でクリック課金型広告として表示されます。最大のメリットは、詳細にターゲットを設定できるということです。
個人で始める場合には名前・年齢・住所(市区町村)・性別・興味対象などの個人情報を入力する必要があります。例えば、猫と遊ぶのが趣味の東京都に住んでいる30歳の女性などという情報がわかります。
1クリックあたりの単価が非常に安いので、手軽に始めたい場合に適しています。
PCではニュースフィード内で、友達の更新情報の他に広告として表示されたり、サイドナビの部分にも表示されます。スマートフォン上ではニュースフィードに表示されます。
広告の中に登録ボタンを設置したり、詳しくはこちらをクリックなどと誘導に使うこともできます。そもそも企業が使うことを想定して設計されているので、使いやすいです。
PPC広告として使うときに便利なのが、詳細なターゲティングが可能なところです。リターゲティングリストや類似のリスト、業界や同業種の商材に興味があるユーザーのリストなどを試し、ターゲットに合わせた広告を出稿しやすいです。
PPC広告を効果的に使いたいならば、定期的にPPC広告の内容を変えないと飽きられる可能性があります。また同じ広告かと感じられてしまうと、かえって企業に敵対心を抱かれてしまうこともあります。
もしターゲットが30〜40代であれば、PPC広告として使ってみると効果があるかもしれません。匿名性が低いぶんマナーが良いユーザーが比較的多いので、企業の悪口や悪意ある書き込みなどのリスクが低いというメリットもあります。
PPC広告を打ち出すならば、同じ商品でも違う見せ方をして注意喚起したほうがいいでしょう。時間をかけて惹きつけたい場合に適しています。

PPC広告:バナー広告型「nend」のメリット・デメリット

サイト運営などで収入を得る場合には、ユーザーのクリックに応じて課金されるPPC広告が便利です。
たとえば、PPC広告が1回クリックされると、その広告に設定されている報酬がカウントされます。
バナー広告型として人気のnendは、現在の主流のデバイスであるスマートフォンに強く、収益効果を最大限に高められるメリットがあります。
従来のそれぞれの企業と個別に提携を行い、サイト等に広告を手動で張り付けて管理していくスタイルとは異なり、nendのPPC広告はそのページに最適なものが自動的に選ばれる仕組みです。
利用規約などのルールを順守する必要はありますが、管理コストを最小限に抑えられる上に、常に最新の広告が表示されるとあって、多くのサイト運営者に支持されています。
イラストが豊富なバナー広告型だから文章の合間などに自然に表示され、そのデザインとキャッチコピーによってユーザーのクリック意欲を刺激します。
変化が早い現代社会では、企業との提携の手間を省けるPPC広告を導入して、さらなる収益アップを目指すのが賢い選択です。
具体的には、PPC広告を管理している会社があって、その会社がさらに色々な企業と広告の契約を結んでいます。
nendを利用するだけで様々な種類のPPC広告が表示されるのは、すでに提携作業が完了しているからです。
デメリットとしては、PPC広告はアクセス数に比例して収益が上がる点があり、まだ集客力が低いサイトでは十分な利益が見込めない場合もあります。
しかし、PPC広告の訴求力は高いので、地道にサイトを更新していけば、時間の経過と共に少しずつアクセス数と報酬の金額が右肩上がりになっていくケースが多いです。
数あるPPC広告の中でもバナー広告型は王道であり、老若男女が使用しているスマートフォン向けの広告では、やはりnendは外せません。
パソコンは使用しないがスマートフォンなら日常的に使う方が増えてきたので、長期的なサイト運営を行う上でスマートフォン向けのPPC広告は重要な収益源です。
会員登録時にサイトの審査などのチェックはありますが、基本的に審査を通す方向で見てくれるので、自分のサイトをある程度作り上げてから気軽に申し込んでみましょう。
どのジャンルのサイトにするのかを決めてから作っていくと、方向性が分かりやすい魅力的なサイトにできます。
PPC広告にとって大切なアクセス数を増やしていくためにも、ユーザーから支持されるコンテンツを意識するのがポイントです。