PPC広告:バナー広告型「GoogleAdWords」のメリット・デメリット

PPC広告であるGoogleAdWordsのバナー広告型を使うメリットは、テキスト型広告よりも圧倒的に目立つということです。テキスト型広告だと文字だけですから、いまいち見る人にとってインパクトがありませんが、バナー広告型は広告画像の作り方によっては、とてもインパクトがあるものになり、クリックされる可能性が高まります。PPC広告ではとにかくまずクリックしてもらうことが成果につながる第一歩ですから、訴求力の高い広告にすることが大事です。GoogleAdWordsのバナー広告の配信先には、テキスト広告のみのサイト、バナー広告のみのサイト、テキストもバナーも両方OKのサイトの3種類が存在します。できればテキスト広告もバナー広告も両方用意してすべてのサイトで配信されるようにするのが望ましいです。GoogleのPPC広告を導入しているWEBサイトのほとんどは、テキストもバナー広告も両方配信されるように設定している場合が多いですが、たまにテキスト広告だけを許可しているサイトや、バナー広告の配信だけを許可しているサイトがあったりしますから、例えばテキスト広告だけしか用意していない場合は、バナーのみ許可しているサイトには広告配信させることができなくなってしまいます。ですから、広告の露出を増大させるためには、テキストもバナーも両方準備しておくといいです。また、バナー広告にも色々な大きさの種類が存在します。できれば全部の種類のバナー広告を準備しておきたいところです。その方が色々なサイトに露出する機会が増えるので、PPC広告として効果が高まります。バナー型のPPC広告のデメリットとしては、広告作成に手間ひまがかかるということがあげられます。テキスト型広告の場合は、広告の文章をてきとうに作ればいいだけですが、バナー型の場合は広告画像を作る必要があります。広告画像の良し悪しは効果のあるPPC広告になるかどうかの重要な問題ですから、気合いを入れて作らなければいけません。あまりにもショボい画像にすると、クリック率が下がりPPC広告として役にたたないものになります。しかしプロのデザイナーなどに依頼して作ってもらうとけっこうなお金がかかったりするので、広告資金に余裕のない人には頭の痛いところです。しかしバナー型PPC広告は訴求力が強く、テキスト型広告に比べてクリック率が何倍にもなる可能性を秘めていますから、ぜひチャレンジしたい広告です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です