PPC広告:WEBページ掲載型と検索連動型の大きな違いとは

PPC(Pay Per Click)広告は、クリック課金型という意味で1クリックに対して広告費用が発生します。なので、契約に至らないユーザーがたくさんクリックしてしまうと効率が悪い広告方法になってしまいます。
PPC広告の中では検索連動型はよく利用される方法です。これと掲載型との違いについてみていきます。
WEBページ掲載型と検索連動型では、広告が出る場所に違いがあります。また、広告費のかかり方も異なります。
前者は文字どおり、WEBサイトのページ内に広告が掲載されます。後者は検索エンジンの検索結果の近くに掲載されます。
PPC広告の検索連動型は別名リスティング広告とも呼ばれていて、検索エンジンの検索結果のページに、検索キーワードと連動して広告が掲載されます。検索キーワードと連動するということは、ユーザーはその検索キーワードについて興味を持っているということです。つまり、自分たちが提供している商品を買ってもらえる確率が高くなります。広告がクリックされた時だけ費用が発生するので、キーワード毎に1円からオークション入札形式で広告料が決定されています。PPC広告の中でも効果的な宣伝方法と言われています。
一方、WEBページ掲載型は特定の分野に特化した大手のWEBサイトやポータルサイトなどに自社コンテンツを広告として掲載する方法です。競合に勝つのは難しいですが、独自の強みを売りにすることができます。大手メディアの集客力を利用できるので、効率よく認知してもらえます。ちなみに、WEBページ掲載型はディスプレイ広告と呼ばれることもあります。
PPC広告は広告を出していると広告費がかかるわけではなく、クリックされない限りは広告費がかからないというメリットがあります。ただし、PPC広告を使って売り上げを伸ばすためにはキーワードの選定やターゲットの選定など様々なことを考える必要があります。
PPC広告を載せればすぐに売り上げが伸びるわけではないので、注意しましょう。
PPC広告の中では検索連動型はキーワードの選定さえうまくやれば、コストパフォーマンスが高い方法です。WEBページ掲載型は大手メディアの集客力を活用してPRするのには適していますが、そのぶん固定費がかかります。クリック単価によって決まるものもありますが、月額固定費と手数料が広告料として取られる場合が多いです。
これに対してPPC広告だと1クリック毎に1円という課金方法なので低い広告料で始めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です