スマートフォンやタブレット端末向けのPPC広告とは

PPC広告というのは検索内容に連動して広告が表示されるリスティング広告のことで、PPC広告の中で最も活用されているのはクリック課金型広告です。PPC広告をクリックしただけで報酬が得られるタイプで、クリックする側がリンク先で購入を行わなくても報酬が得られます。検索エンジンでは、通常検索結果の上部と右側にPPC広告が設けられており、検索内容に合っているだろうPPC広告がそこには表示されています。PPC広告である場合は、広告と記載されているのでPPC広告であることがよく見ると分かると思います。

PPC広告は要は宣伝なので、企業や事業者などが存在を知ってもらうために活用します。検索エンジンに広告表示を依頼して表示されるまでの時間は早くて20分で、すぐに取り入れられることも魅力として挙げられます。検索エンジンは日本全国、言葉は違いますが世界各国で使われているものなので地域密着型の事業や企業は活用できないと思われてしまうこともありますが、表示地域などの細かい設定も行えるのでターゲットを絞った広告表示も可能です。

しかし、PPC広告による効果を得るためには運用が重要になります。まず、検索エンジンシェア最適化を行います。スマートフォン運用をすることでPPC広告はSEO的に上位表示されやすくなるといわれているので、検索エンジンにスマートフォン優先でリスティング出積して効果的なキーワードを見つけると良いでしょう。次に行うことは広告グループ最適化で、グループの細分化をすることで発見した効果的なキーワードに合う広告文表示が可能となります。そうしたら、エリアで予算設定を考えるエリアマーケティング・広告文を色々作成してテストすること・SEOキーワード探し・広告文からのタイトル設定などを行うと良いとされます。

現代はスマートフォンやタブレット端末といった持ち運びに便利な端末の利用者が多いため、PPC広告を活用する時にはスマートフォンやタブレット端末の運用及び管理が重要になります。その他にも、表示エリアや利用者(お客様)の多いエリアを特定して予算を考えることも大事ですし、検索ワードとサイトSEOの関係性を見直して修正をかけることも大切なことです。良い広告、クリックしたくなるような広告文及び広告を表示させるためにはそのような運用管理が最も重要なことであるため、広告を出しただけで終わりではなく定期的に運用と管理を行うと成果を得られると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です