PPC広告の種類:バナー広告型「GoogleAdWords」の概要と特徴

PPC広告とは別名バナー広告型と呼ばれ、ブログやホームページにインターネット媒体企業が契約している企業の広告をバナー広告として張り付けることです。そしてバナー広告がブログやホームページを見た時に気になってクリックされた段階でバナーを張り付けてくれた人に小額の金利を贈与してくれることです。PPC広告のメリットはブログやホームページを開設した人間にとっては余分な空きスペースを埋めるとともに様々な商品を陳列することで色合いを与えることができるのでブログやホームページ、ランディングページの質を上げることが出来ます。もちろんそれだけでなくそしてバナー広告をだす側としてもメリットがあり、それはPPC広告を張り付けてもらうことで企業の宣伝に使えるとともにインターネット媒体企業も広告料をもらえるので利用した人たちがすべてに恩恵が与えられるため利用数が伸びているのです。そのPPC広告は様々な種類が存在するのですが、その中でも特に利用するが多いのがバナー広告型を広めるきっかけとなったGoogleAdWordsです。GoogleAdWordsはインターネット媒体企業グーグルが作成しているバナーサービスであり、グーグルとアカウント登録をするだけ誰でも手軽に使えるPPC広告です。PPC広告GoogleAdWordsの概要としては、アカウント登録後においてGoogleAdWordsの専用サイトに入り自身のブログ及びホームページのアドレスを登録します。そしてアドレスを登録後にHTMLが作成されるのでそれを張り付けることで利用することができます。PPC広告として特徴としては、インターネット媒体企業がグーグルであるため利用数及び信頼性が高く日本のあらゆる企業が協賛しているので多種多様な企業広告を載せることができます。さらに自身が載せているブログやホームページの内容がブログ収入で得るアフィリエイトを行う場合には、そのアフィリエイトの内容に沿ってバナー広告の内容を組み替えることができることだといえます。そのうえでアフィリエイトとPPC広告を織り交ぜることができれば、その乗せている広告とブログやホームページの内容を深くすることができるのでブログ閲覧数を伸ばすことができるといえます。これらの特徴がうまくかみ合えば、PPC広告は利用するものにとってある程度の資金源になることから利用数が伸びているサービスであり、特にソーシャルネットワークサービスが普及する現在では張り付けることが主流となりつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です