PPC広告:見込み客の集客向けなのは?

見込み客を集客するために効率的な手法を展開したい場合、どのような方法が集客向けなのかご存知でしょうか。ここでオススメする手法は、ランディングページに加えてPPC広告を利用する方法です。PPC広告というのは、「Pay Per Click」を略したもので、広告をクリックする度に課金される形の広告を指しています。1クリックあたり100円や、200円といった金額に設定することが可能です。
また、PPC広告と同様にリスティング広告というものも存在します。大雑把に言えばどちらも同じようなものと言えますが、厳密に言えば違いもあります。リスティング広告は、検索連動型になっています。例えば、Googleでキーワードを検索した際に表示される、「広告」というマークがついたものです。
先程触れた通り、検索エンジンで探した結果に連動する形で表示されるリスティング広告もPPC広告と言えますし、広告が配置されているブログの中身に関係ある広告を表示するタイプなど、広告の種類は様々です。ここでは、PPC広告を基本的にリスティング広告と同じ意味で使っていきます。
さて、検索エンジンを使って表示される検索結果のページから自社のサイトを訪れる人は、該当する分野について関心を持っている可能性が高くなります。つまり、見込み客であるという訳です。広告媒体として、検索結果を意図的に活用していくマーケティング活動は「検索エンジンマーケティング(SEM)」と呼ばれています。
情報を求めているユーザーや、興味を潜在的に抱いているユーザーに対して直接働きかけることができる点が、PPC広告の特徴です。見込み客だけをターゲットにすることができるので、集客向けと言えるでしょう。また、広告がクリックされなければ広告費が発生しません。クリック課金制が導入されており、広告を出稿する費用が低コストなので、費用対効果も優れています。
そして、電話による営業や訪問での営業と比較すると、PPC広告は見込み客限定で集客できるので、効率的なインバウンド型営業を実現することができます。
PPC広告では、ホームページに興味を持ったユーザーを集客することができるため、営業スタッフがわざわざ勧誘する必要もなく、ユーザー側からホームページに問い合わせがあり、注文してくるという特徴があります。営業スタッフにかかる人件費をカットできる点も魅力です。
ただし、PPC広告を使って成果を出すためには、PPC広告を担当する人がPPC広告を運用するために十分なスキルと知識を持っている必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です