PPC広告:検索連動型「GoogleAdWords」が適しているのは?

GoogleAdWordsの検索連動型PPC広告が適しているのは、すでにその商品やサービスのジャンルに興味を持っているユーザーに対してです。
検索連動型は、ユーザーが検索窓に入力した検索キーワードによって、表示されるPPC広告が変化します。
例えば通販サイトでビタミンサプリメントを購入したいと考えているユーザーの場合は、検索窓に「通販」「ビタミンサプリ」「値段」「メーカー」などと入力する可能性があります。
他のメーカーと迷っているようなユーザーであれば、そこにPPC広告が表示されればクリックして記事を読んでくれる可能性があります。
また、PPC広告の中に第三者的な視点で書いた記事を入れることで、この企業は有益な情報をもたらしてくれるという印象を与えてその企業の商品に魅力を感じてもらえる可能性もあります。これはコンテンツメディア的な使い方ですが、PPC広告の内容で使ってもいいでしょう。
GoogleAdWordsのPPC広告は、テキストの形で表示されます。バナー広告などと違い、画像は表示されないのでユーザーの関心を惹けるキャッチコピーを考えたほうがいいでしょう。
PPC広告はクリックしてユーザーがWEBサイトにアクセスした時にだけ料金が発生するので、小規模な会社の広告にも使いやすいです。キーワード選びさえ間違わなければ、コストパフォーマンスが高い方法です。
ユーザーが情報を求めている時にだけPPC広告が表示されるので、ユーザーの意思に関わらず表示される広告に比べて違和感を持たれにくく、適切なタイミングで表示させることができます。
すでにその商品やサービスを購入したいと考えている見込み客に対して、取り逃さずに情報を提供して商品を売りやすくなります。
GoogleAdWordsはユーザーの所在地によって広告のターゲットを設定することも可能なので、会社やお店の近くにいるユーザーに対してだけ広告を表示させることもできます。地域に合わせて表示できるのがメリットです。また、日本以外に海外に向けての広告の配信設定もできます。
コンバージョン率の向上のために配信したり、サイトへのアクセスの増加のために使うこともできます。クリックしない場合は、たとえユーザーの検索結果に広告が表示されても広告主にはお金がかかりません。大手のポータルサイトなどに広告を表示させるお金はないという場合にも最適な広告方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です