PPC広告:バナー広告型「GoogleAdWords」のメリット・デメリット

PPC広告であるGoogleAdWordsのバナー広告型を使うメリットは、テキスト型広告よりも圧倒的に目立つということです。テキスト型広告だと文字だけですから、いまいち見る人にとってインパクトがありませんが、バナー広告型は広告画像の作り方によっては、とてもインパクトがあるものになり、クリックされる可能性が高まります。PPC広告ではとにかくまずクリックしてもらうことが成果につながる第一歩ですから、訴求力の高い広告にすることが大事です。GoogleAdWordsのバナー広告の配信先には、テキスト広告のみのサイト、バナー広告のみのサイト、テキストもバナーも両方OKのサイトの3種類が存在します。できればテキスト広告もバナー広告も両方用意してすべてのサイトで配信されるようにするのが望ましいです。GoogleのPPC広告を導入しているWEBサイトのほとんどは、テキストもバナー広告も両方配信されるように設定している場合が多いですが、たまにテキスト広告だけを許可しているサイトや、バナー広告の配信だけを許可しているサイトがあったりしますから、例えばテキスト広告だけしか用意していない場合は、バナーのみ許可しているサイトには広告配信させることができなくなってしまいます。ですから、広告の露出を増大させるためには、テキストもバナーも両方準備しておくといいです。また、バナー広告にも色々な大きさの種類が存在します。できれば全部の種類のバナー広告を準備しておきたいところです。その方が色々なサイトに露出する機会が増えるので、PPC広告として効果が高まります。バナー型のPPC広告のデメリットとしては、広告作成に手間ひまがかかるということがあげられます。テキスト型広告の場合は、広告の文章をてきとうに作ればいいだけですが、バナー型の場合は広告画像を作る必要があります。広告画像の良し悪しは効果のあるPPC広告になるかどうかの重要な問題ですから、気合いを入れて作らなければいけません。あまりにもショボい画像にすると、クリック率が下がりPPC広告として役にたたないものになります。しかしプロのデザイナーなどに依頼して作ってもらうとけっこうなお金がかかったりするので、広告資金に余裕のない人には頭の痛いところです。しかしバナー型PPC広告は訴求力が強く、テキスト型広告に比べてクリック率が何倍にもなる可能性を秘めていますから、ぜひチャレンジしたい広告です。

PPC広告:バナー広告型「Yahoo!プロモーション広告」のメリット・デメリット

Yahoo! JAPANの提供するPPC広告のバナー広告型「Yahoo!プロモーション広告」サービスは、すぐ広告が出せるというメリットがあります。通常、広告を出したい場合はかなり時間がかかりますが、Yahoo!のPPC広告であれば、当日中でも広告の配信を開始することができます。
また、PPC広告「Yahoo!プロモーション広告」なら、ホームページを作成したばかりでも、アクセスをすぐ集められる点も特徴です。一般的に、ホームページを作成してから検索エンジンで読み込まれ、アクセスが実際に集まるまでには、1ヶ月から数ヶ月ほどかかります。しかし、PPC広告の「Yahoo!プロモーション広告」はアクセスをスムーズに集めたい時に有効です。
また、デザインを重視したLP でもアクセスが集められる点も魅力です。通常は、デザインを重視すればSEO対策が弱まり、アクセス数が集まりにくくなりますが、バナー広告型PPC広告なら、デザインが凝っているサイトでもアクセスを大量に集めることが可能になります。
そして、PPC広告の反応をより高めるために広告内の文章を変更したり、修正したりすることがいつでも可能です。仮にPPC広告の効果が不十分だったとしても、広告の文章を変更しながら効果を高めることもできます。もし広告を中止したいと思った際にもすぐに停止することができ、再開したい時もすぐ再開することができます。新聞あるいは雑誌に掲載する広告の場合にはそうはいきません。
PPC広告は、期間限定キャンペーンなどにも最適です。例えば、短い期間だけ開催するイベントについての広告もすぐ出せます。キャンペーン期間を延長する場合も、広告を掲載する期間や広告文が自由に変更できるため、キャンペーンの広告には特に適しています。
Yahoo!プロモーション広告の場合は、興味を持っている人だけに見ることもできます。不特定多数ではなく、関連するキーワードを検索した人、つまり興味がある可能性の高い人だけに絞って広告が配信できます。そのため、高い費用対効果を見込めます。
一方、PPC広告にはデメリットもあることを押さえておきましょう。PPC広告は、その性質上、運用するためには知識がある程度必要になります。自分自身で運営する際は、知識を得なければスムーズに広告を運用するのは難しいと言えます。運用の仕方次第で費用対効果を高くできるということは、反対に、上手く運用しなければ効果が薄れる可能性があることを意味します。不安な方は、最初はプロに依頼して様子を見てみると良いでしょう。

PPC広告:検索連動型「Indeed」のメリット・デメリット

検索連動型のPPC広告「Indeed(インディード)」について、単なる求人情報サイトだと理解している方も多いかもしれません。もちろん、その理解は間違いではありませんが、正確に言えばインディードは「求人情報検索サイト」です。このPPC広告を利用すると、様々な効果が期待できます。
まず一つ目のメリットは、検索連動型PPC広告インディードなら、多くのサイトに掲載されている求人情報を一括検索できます。具体的に説明すると、PPC広告のインディードは「キーワード」および「勤務地」を入力して検索すれば、個別サイトに登録しなくても、複数のサイトにある求人情報を一括検索することができる訳です。従来は、色々なサイトにまずユーザーが登録して求人情報を比べていましたので、大幅に手間が省けることになります。登録しなくても求人情報が見られるというのが、二つ目のメリットです。
PPC広告のインディードが集客チャネルとして効果的とされている理由は、求職者側としては、1か所のみで横断的に求人を探すことが可能という点が、大きな利点になります。求職者側としては、キーワードを入力してウェブサイトに掲載中の求人情報から個別の職種にマッチする求人にアクセスできます。PPC広告のインディードなら、求人件数に合わせて支払いが生まれる求人サイトとは異なり、成果があった時のみ課金になります。また、長期契約などは必要なく、柔軟性にも優れています。
しかし、PPC広告のインディードにはデメリットも存在します。それは希望する求人情報を探すことに手間がかかるということです。インディードは、沢山の求人情報のサイトを網羅して一括検索されるので、条件によっては表示される求人の情報が膨大になる可能性があります。
これはメリットとも言えますが、その反面、希望する求人情報とずれが生じる場合もあり、膨大な量の検索結果から自分が希望している情報を探し出すのはなかなか難しくなることも考えられます。ただし、少し工夫して検索すると、ある程度は絞り込むことができます。
さらにPPC広告のインディードは、情報全てを網羅している訳ではないというデメリットもあります。個別の求人情報サイトには、会員登録すると見ることが可能な求人情報以外に、履歴書を登録すると閲覧できる非公開求人が存在します。インディードではそうした求人情報は検索できせん。つまりIndeedは、あくまでも検索を行うためのサイトです。求人情報の多くはIndeedにおける検索結果から直接応募が可能ではなく、検索結果の中で気になる求人情報がある場合は、それをクリックして掲載されているランディングページなどに移動します。

PPC広告:検索連動型「Yahoo!プロモーション広告」が適しているのは?

検索連動型のPPC広告の一つとして、Yahoo!プロモーション広告があります。これはインターネット広告を広告が出る仕組み、つまり配信方法で分類した場合に出てくる用語です。他にコンテンツ連動型広告や行動ターゲティング広告などがあります。
検索連動型のPPC広告は、検索エンジンの検索窓にキーワードを入れて情報を探したときに、入力キーワードによって表示される広告が変わります。検索クエリによって出現するPPC広告が変わるのが特徴です。
ほとんどはテキスト表示なので、バナー広告などの画像表示される広告に比べると見劣りしますが、探している人にとっては十分広告の意味を成すでしょう。
ユーザーが検索したキーワードということは、その関連情報や解決方法を探しているユーザーがいるということです。例えば水道修理のお店のPPC広告を載せる場合は「水道」「修理」「直す」「24時間」「水漏れ」「自分で」「料金」などの複合キーワードを設定してみると情報が欲しいユーザーがPPC広告を見てくれる可能性が高くなります。
Yahoo!プロモーション広告の検索連動型のPPC広告は、見込み客に対して呼び込みとして適しているのが特徴です。PPC広告はクリック課金型で広告を押された回数だけ料金が発生するという形式なので、シンプルに計算できるのもメリットです。
Yahoo!プロモーション広告で使われているのは「スポンサードサーチ」という機能です。Yahoo!JAPANで検索をした際に、その検索キーワードに応じて検索結果のページにPPC広告が表示されます。
日本最大級のポータルサイトなので、より多くの人に見てもらえる可能性があります。使っているユーザーは日本人で、ITリテラシーが高い人が多いのが特徴です。
広告文は「らくアド」というツールで簡単に自動作成することができます。5つの質問に答えるだけで広告文が作成されて、すぐに配信することができます。すでにその企業の商品やサービスに興味を持っていて、情報を探している、他の企業と比較したい、どこにしようか迷っているというユーザーに対して検索連動型は適しています。
お店がある地域限定でお客さんを呼びたいという場合は、その地域のお客さんだけに広告を配信することも可能です。見込み客を逃したくないという人で、初心者でどのような広告を作ればいいのかわからないという人にはYahoo!プロモーション広告は使いやすいでしょう。

PPC広告:SNS型「Twitter」のメリット・デメリット

PPC広告のSNS型として、Twitterを使った方法があります。
PPC広告の掲載方法は、フィード内に表示されるプロモツイートと呼ばれる形式です。WEBまたは公式クライアントのフィード内にユーザーの興味・関心にあったツイートが流れてきます。
Twitterはスマートフォンからの利用者が8割で、月間アクティブユーザー(MAU)は世界中で3億1,300万人以上とも言われています。日本国内のユーザーは、その10%超えの約3,500万人と言われています。匿名で誰でも気軽に発言できるので、日本人の気質によくあっているSNSです。
ユーザーの年齢層は20代以上が半数で、30代以上もほぼ半分という割合です。男女比も半々です。若い世代はコミュニケーションツールとして使うのに対して、30代以上では情報蒐集として使う傾向があります。
売れる商品としては、食品・飲食系、キャラクターなどのホビー系、エンタメコンテンツ、ゲーム、テクノロジー、アパレルなどです。
プロモーション次第ではニッチな商材でも盛り上がり、売れる可能性があります。
ここまで見るとメリットばかりのようですが、SNS型のPPC広告の中ではTwitterは匿名で参加できるため、企業の誹謗中傷を行うユーザーがいるなどというデメリットもあります。また、拡散力が高いため悪い噂が立つとそれも一気に拡散して炎上してしまう危険性があります。良いことは広がりにくくても、悪い噂は一気に広がり跡を残してしまいます。
なので、PPC広告を行うときには社会への影響力を考えて使う必要があります。
Twitterはリアルタイム性が高いSNSで、広告の形式は3つありますが主流派プロモツイートというユーザーのタイムラインや検索結果画面に表示される広告です。キャンペーンの告知やブランディングなどに適しており、セルフサービス式で低予算で始めることが可能です。
PPC広告でプロモツイートを出すと、ユーザーのタイムラインに挟まれる形でPPC広告が表示されるので、バナー広告のような違和感を持たれにくいというのもメリットです。ユーザーの今がわかるということは、例えばユーザーが「お腹が減った」などと呟くと、ラーメン屋のPPC広告が流れてきたりします。タイミングにうまく合わせることができれば、効果的なPPC広告です。
ただし、拡散力の高さによる炎上の危険性と、マナーがないユーザーからの攻撃には注意が必要です。

PPC広告:SNS型「Instagram」のメリット・デメリット

SNS型のPPC広告のInstagram広告は、幅広いターゲットにリーチすることができます。ブランディング向きですが、ファッション、グルメ、旅行など適する商材が限られているのがデメリットです。
また、SNSの中では若い女性ユーザーの割合が多いので、それ以外のターゲットに伝えたい場合にPPC広告として出しても効果が低いでしょう。
InstagramのPPC広告の特徴として、SNS型のPPC広告の中ではおしゃれな写真や話題が好まれる傾向があります。写真や動画といったビジュアル要素に特化しているので、パッと見てわかることを好む傾向がある女性に対してはブランディングの効果が望めます。
コメントや「いいね!」ボタンやハッシュタグを使ったコミュニケーション機能も備えていて、ユーザーは自分の趣味嗜好に合ったアカウントをフォローして好みの投稿内容を楽しむというタイムライン形式が採用されています。役立つ情報を拡散するためのPPC広告として使うのは難しいですし、コミュニケーションツールとして活用するのも難しいです。しかし、女性や主婦層が6〜7割を占めるので、こういう人たちにブランディングしたい場合にはメリットがあるでしょう。
他のSNSに比べて、クリエイティブな世界観が重視されるというのも特徴です。写真や動画の質がすべてなので、企業がPPC広告で使う際にはまずはブランディングができているか、自社の強みはどこか、などを確認しておく必要があります。
アパレルやファッション、化粧品など商品そのものがビジュアルイメージと直結している企業の場合は、相性が良いです。また、食品や雑貨、旅行などでの利用も増えています。アイデア次第では他の業種でも使えますが、Instagramの世界観を損なわないようにユーザーに親近感を持ってもらえる広告に仕上げられるかがポイントです。
PPC広告用の写真や動画素材がすでに用意できている場合はいいですが、そうではないならインスタグラマーと提携して素材を用意するという方法もあります。Instagram上で影響力があるユーザーのことで、風景、小物、インテリア、ファッション、料理などの撮影を得意としています。人によってはプロのカメラマン以上の腕前の人もいます。
写真や動画の質はPPC広告を成功させるには欠かせないものなので、これが用意できるかどうかが重要です。
ビジュアル要素が強い企業には向いていて、それ以外の業種には不向きと覚えておくといいでしょう。

PPC広告:検索連動型「GoogleAdWords」のメリット・デメリット

PPC広告のGoogleAdWordsを使うメリットは、時間をかけずに自社のLPに集客を行えるということがまず挙げられます。ふつうWEBサイトに人を集めようと思ったら、地味にSEO対策というものをやることになります。検索エンジンで上位表示されるようになるためにサイトの内容を充実させたり、被リンクをかき集めてきたりするわけですが、これには莫大な労力がかかります。特に現在の検索エンジンでSEO対策の効果をあげるためには昔よりかなり頑張らないといけないようになっており、一朝一夕にはSEO対策の効果は出ません。数ヶ月から数年かけてコツコツSEO対策を行い、ようやく上位表示できるというようなことも珍しくありません。しかしGoogleAdWordsを使えば、お金さえ払えばあっという間に検索結果の目立つところに自分のWEBサイトの広告が出てきます。また検索連動型広告ということで、広告を出せるキーワードを自分で好きなように設定することができ、広告ターゲットを絞りやすいというメリットもあります。Googleの検索連動型広告はキーワードだけでなく、地域、時間、年齢など細かな条件をつけてターゲットを絞り込むことも可能です。GoogleAdWordsはPPC広告なので、とても低予算で広告を打てるというのも利点です。PPC広告というのはクリック課金型広告のことで、ユーザーが広告をクリックした時点で広告費用が発生するものです。クリックされなければ費用はかからないので、費用対効果の高い広告だといえます。PPC広告で成果を出すのに大事なのがキーワードの選定です。どんなキーワードで広告を出していくかで、広告の表示回数やユーザーの反応なども変わってきます。GoogleのPPC広告のデメリットとしては、とにかく分かりづらいということがよく言われます。まったくのド素人がPPC広告を行おうとしたけれど管理画面などが分かりづらく意味不明で挫折したという事はよくある話です。またPPC広告においては効果的なキーワードを見つけることがなかなか難しいということもあります。広告費を湯水のように使える大企業ならビッグワードにガンガン資金をつっこめるでしょうが、限られた予算しかない人は、予算の制限のせいでなかなか効果的なキーワードを見つけるのに苦労したりします。それでもPPC広告はSEO対策するよりは早く集客効果を出せますから、じっくり腰を据えて操作方法やキーワード選定を行ってみる価値はあります。

PPC広告:バナー広告型「nend」が適しているのは?

nendはバナー広告型のPPC広告の一つですが、成果報酬型とは違って、クリックされるだけで報酬が支払われるのが魅力です。それ故、サイトの利用者に商品を勧めるレビュー能力が低い場合に適していると言えます。PPC広告は数々ありますが、nendは他者と比べて、比較的に単価が高くなっています。また、クリック率やPB数等の特定の条件を満たせば、クリック単価が増額するのも魅力です。また、スマートフォンを対象とした広告が豊富に揃っており、現在のネットユーザーの流れに沿ったものとなっています。スマホユーザーの大半がゲーム攻略記事などを読んでおり、ゲームに詳しい内容を載せれば多くのクリック数を稼げるわけです。それから、広告クリック後に即戻っても、誤クリックとは判断されないので、ユーザーの動きに左右されない点もメリットになっています。

nend導入の流れとしては、HPに入って「今すぐはじめる」から必要情報を登録します。サイトの審査が完了後に、広告掲載許可のメールが届き登録が完了します。HPには3営業日中に審査結果が返信されると記されていますが、早ければ当日中に返信されます。その後、アカウント情報の登録をしてPPC広告枠の作成をし、サイト内にコードを貼り付ければ手続きが完了となります。また、安定的収益を上げるには、スマホとの相性が良いとされるnendのオーバーレイPPC広告を導入するのがオススメの方法です。Googleアドセンスでは比較的審査が長く、登録完了までに様々な手続きをする必要があります。一方、当PPCでは気軽に登録できる上に、簡単にサイトに導入できるわけです。登録自体は無料になっているので、アドセンスで思うような収益を得られていない場合は、試して損はないPPC広告だと言えます。

安定的な収益面を考えれば、PPC広告配信停止というリスクを分散する必要があります。収益率という点ではアドセンスは安定していますが、様々なアフィリエイトサービスに登録した方が少しでも高い収益に繋がるわけです。バナー広告型課金では、サイトのバナーをタップするだけで、Webサイトの運営者に広告収入がはいりますが、nPPC広告リンクを自分で貼らなくても表示されるので安心です。運営会社はPPC広告最大手のASP「A8.net」の運営会社なので、信頼性においては申し分がないと言えます。また、アドセンスの掲載枚数の上限が無いので、沢山掲載できるメリットもあります。

PPC広告:バナー広告型「GoogleAdWords」が適しているのは?

GoogleAdWordsとは、Webサイト上に配置されている広告枠に対して、サイトユーザーの行動履歴や指定されたコンテンツ、そして出稿されたキーワード等の情報をマッチングさせ、表示させることができるバナー広告型PPC広告のことです。他のプラットフォーム運営会社のPPC広告よりも歴史的があり、機能的にも充実しているのが特長です。PPC広告の配信先としては、Google関連のサイト及び、Googleのパートナーとなっている数百万に上るサイトが対象となっています。具体的な配信の様相としては、各提携サイト上のAds by Googleやスポンサーリンク等のPPC広告枠に表示されることになります。バナーやテキストでの広告配信が可能になっており、使用可能なファイル形式としては、GIFをはじめJPGやJPEG、PNGやSWFと多岐にわたります。ファイルサイズの制限としては、各ファイルとも150KB以下となっています。

GoogleAdWordsでは、広範囲のネットワークを活かしPPC広告配信ができ、ターゲットやサイトを絞れることもメリットです。広告主が獲得したい利用者層に合わせて、柔軟に配信先をセグメント出来るわけです。PPC広告配信法としては、大きく5つに分かれており、先ず挙げられるのがリマーケティングです。追いかけ配信が可能になっており、一度サイトを訪れたユーザーだけを、ネットワーク上で追いかける機能になっています。次に挙げられるのがプレースメントで、PPC広告を出したいサイトだけに、限定して配信する機能です。例えば、ネットワーク内サイトのYouTubeだけに配信することもできます。3番目にはインタレストカテゴリの機能が挙げられます。検索ユーザーの興味や関心に合わせて配信する機能で、ユーザーの行動履歴を解析することでシステムが自動判別するわけです。また、4番目にはトピックターゲット機能があります。特定のトピックに関係する複数のサイトに、同時に広告を掲載することが出来ます。そして、5番目のコンテンツターゲットは、登録キーワードと合致する記事が掲載されているページに、自動で広告が配信される機能となっています。GoogleAdWordsでは、こうした機能に加えて、年齢や年代別に絞った広告配信も行えます。

GoogleAdWordsは、インプレッション課金型広告とは違って、クリックされた際に課金されるバナー広告型PPC広告になっています。純広告と比べて低料金で始められるので、ディスプレイ広告が初めての広告主にも適していると言えます。他のディスプレイ広告にはない機能が備わっており、どのサイトがどのくらい広告が配信されたかを詳細に分かるようになっています。それ故、データをもとに運用改善が図れるわけです。

PPC広告:バナー広告型「Yahoo!プロモーション広告」が適しているのは?

1クリックにつき広告費の課金が発生するのがPPC広告です。
ネット広告を見え方によって分類したとき、テキスト広告やタイアップ広告、メール広告、そしてバナー広告型などに分けることができます。バナー広告はディスプレイ広告とも呼ばれ、サイト上の画像がそのまま広告として使われます。
Yahoo!プロモーション広告のバナー広告型のPPC広告は、WEBサイトの中でも目につきやすい場所に表示されるのがメリットです。企業のブランディングや認知の啓発など、特にブランディング領域の広告に適しているのが特徴です。
ただし、バナー広告は他のネット広告と比較すると費用がやや高めです。
ほとんどのバナー広告は、インプレッション課金型というのを採用しています。Yahoo!プロモーション広告の場合はインプレッション保証型といって、何回インプレッションが発生するか(広告が表示されるか)によって広告が掲載される期間が変わります。つまり、最初に契約した回数に到達されない限りは、広告が掲載され続けるというわけです。
Yahoo!プロモーション広告は様々な提携サイトのコンテンツページや提携サイトにもPPC広告を表示させることができます。スマートフォン版のアプリのトップページにもPPC広告を載せることができるので、最適なレイアウトでユーザーを取り込むことができます。アプリのニュースサイトにバナー広告を出すと、タイムラインにのって表示されるので違和感なく見てもらうことができます。
決められたターゲットだけではなく、潜在的なニーズを持った層にまでPPC広告を見せることができます。
性別・年齢・地域などでターゲティングすることで、本当に情報が欲しいと思っている人を狙ってPPC広告を届けることができますし、一度サイトを訪れた人は見込み客ということで、サイトリターゲティングをすることもできます。これは一度サイトに訪れたユーザーに向けてPPC広告を表示できる仕組みです。
また、検索時のキーワードをもとに分析して、見込み客にアプローチすることもできます。
PPC広告の中でも、バナー広告はパッと目につきやすいのでブランディングに最適です。ユーザーに見てもらえる広告にするには、バナーに載せる素材が重要です。適当な画像を選んでしまうと、企業のブランド力の低下に繋がってしまうので注意しましょう。自社の商品自体が見せたいブランドという化粧品やアパレル系などには適しています。