PPC広告の種類:バナー広告型「Yahoo!プロモーション広告」の概要と特徴

Yahoo!プロモーション広告は、バナー広告型のリスティング広告で、Yahoo!JAPANなどの検索エンジンと連動して表示されるPPC広告となっています。ユーザーがキーワードを検索すると、検索結果に関連する広告が表示され、ユーザーが広告主のサイトを訪れるキッカケになるわけです。Yahoo!プロモーション広告のスポンサードリサーチでは、広告主の商品やサービスを探しているユーザーに、効率的に情報をアピールすることができます。設定したいキーワードを自由に選べることが特徴で、予め設定した広告予算内で最大限の配信効果を実現できるわけです。広告料金はクリックされた時だけ発生するPPC広告なので、ターゲットを絞った宣伝戦略になっています。Yahoo!プロモーションのPPC広告は、低予算から導入できるのも魅力になっており、最低3000円から利用することが出来ます。初期費用や月額の固定費もかからないので、初心者でも安心して参入することができると言えます。リスティング広告を配信するにはキーワードに対して入札価格を設定する必要がありますが、詳細について手厚いサポートが受けられます。

Yahoo!プロモーションのバナー広告型PPC広告は、好きなタイミングで配信・停止が可能です。PPC広告配信までの流れとしては、先ず、Yahoo!JAPANビジネスのIDを作成します。その際に、広告主のホームページのURLや広告主情報を入力し、その後、広告管理ツールからキーワード設定や広告分の作成を行うことになります。ヤフーではサポート体制が充実しており、PPC広告配信に関する疑問を何時でも問い合わせることができます。また、ヤフーのホームページにはYahoo!プロモーション広告の始め方についての資料が掲載されており、管理ツールの使い方など詳細に調べられます。PPC広告の目的はネットユーザーに、広告主のサイトを訪れてもらうことなので、魅力的なタイトルと説明文を作成することが重要です。LP制作をする上でもタイトルやテキストは大事になります。その為には、商品やサービスの特長を分かりやすく表現できる言葉を探すことがポイントになります。そして、説明文に関しても選んだキーワードとの関連性が高くなるような内容である必要があります。勿論、タイトルや説明文にはキーワードを明確に配置することが大切です。そして、複数のパターンでPPC広告を作成することで、商品やサービスの訴求性を高める事が出来るわけです。

PPC広告の種類:検索連動型「Indeed」の概要と特徴

検索連動型のPPC広告「Indeed(インディード)」は、一般的なリスティング広告と同じようにクリック型課金システムになっているのが特徴です。広告が単に表示されるだけの場合には、費用がかからず、ユーザーがこのPPC広告をクリックすると広告費が発生します。基本的に、PPC広告のインディードは、クリック単価が15円から90円前後になっています。
また、PPC広告のインディードでは、普通の検索結果より上部に掲載されるため、ユーザーに対して目に入りやすい位置で表示することが可能です。このPPC広告を活用して採用情報や求人情報などを掲載する場合、一般的な採用情報や求人情報と比較して5倍ほどのクリック数が見込める点が大きな魅力です。ランディングページの運用にも役に立つでしょう。
検索連動型のPPC広告Indeedの表示順位は、会社独自のアルゴリズムにより決定されます。アルゴリズムが見る要素で公開されているものは、リスティング広告同様に三点です。その三点とは、キーワードマッチ率とクリック単価、クリック頻度です。
そして、検索連動型PPC広告のインディードも、インディード以外のインターネットサイトに広告が載せられます。そのため、インディードとは別のサイトを見ている幅広い求職者層に求人情報を提供できます。
PPC広告のインディードは、リスティング広告と異なる点があります。運用はアメリカ時間となっており、管理画面における時間概念はアメリカ時間になっており、日本時間からは14時間差し引いた時間で設定する必要があります。例えば、掲載を土曜日で中止したい場合には、日本時間の土曜の14時から日曜の14時で広告を停止する必要があります。
また、インディードは曜日や時間での自動設定はできません。一般的なリスティング広告では、配信したい時間あるいは曜日を設定すると、自動的に配信のオンオフが切り替わります。しかし、インディード広告は自動での設定ができないので、手動で切り替える必要がありますので注意が必要です。
さらに、インディードは圧倒的にモバイルが多くなっています。インディードの求人検索のうち75%がモバイル端末から実行されており、モバイル対策がカギを握っています。ただし、パソコンへの配信が必要不可欠なのに対して、モバイルに対する配信は除外することも可能です。
ちなみにリスティング広告では、設定するキーワードと完全に一致するものの検索や、関連検索について広告が示されますが、PPC広告のIndeedでは、「ユーザーがある単語を検索したら広告を出す」、といったことはできません。

PPC広告:SNS型「Twitter」が適しているのは?

PPC広告はPay-Per-Clicの略で、クリック課金型という意味です。掲載するのは無料だけれども、クリックすると課金が発生するのが特徴です。リスティング広告は検索エンジンに表示される広告を意味していますが、PPC広告はクリック課金型広告全般を指すので、リスティング広告を包括していると言えます。
SNSの中でも、このPPC広告を使えるようになりました。SNSは人との出会いを電子化したもので、ユーザー同士が友達になってコミュニケーションをとったり、情報を教えあうことができます。
Twitterに広告を表示できるのが、Twitterプロモ商品です。これを活用することで、今までよりも効率よく商品を売る仕組みを作れる可能性があります。
今までのアフィリエイトのやり方では、相互フォローなどを行い、フォロワーを集めてからアフィリエイトなどのURLをツイートしていました。しかし、相互フォローなどで集めたユーザーは相手も商品を売りたい、サイトに誘導したいと考えている場合も多いため、商品を売るところまで持っていくのは難しいのが課題でした。
SNS型のPPC広告では、これよりも興味を持っている可能性が高いユーザーにアプローチすることができます。Twitterが適しているのは、企業の商品に興味を持っているユーザーにより興味を持ってもらえるように、サイトに誘導したい場合です。ユーザーがその会社のアカウントをフォローすることで、常に新しい情報を提供できるようになります。
また、PPC広告のSNS型の中でも拡散力が高いので、ブランドの認知力を高めて情報の共有を促すのにも適しています。ユーザーと関係を構築できれば、さらに通常のツイートによって毎日特定のユーザーと関わりを持って信頼を築いていくことができます。そのツイートを見ているフォロワーがツイート内のURLからWEBサイトを閲覧してくれる可能性もあります。
PPC広告でTwitterを使う場合、どのような人たちが使っているのかを把握しておいたほうがいいでしょう。ユーザー数は4,000万人程度で、利用者層で多いのは10代〜20代と比較的若い人たちです。気軽にやり取りできる場として使っているので、PPC広告でこういう層に情報を届けたいならば適しています。
ただし、PPC広告の内容によっては間違った情報が瞬時に拡散してしまったり、炎上して収拾がつかなくなることがあります。

PPC広告:SNS型「Instagram」が適しているのは?

 PPC広告の”PPC”とは「Pay Per Click」の略で「クリック課金」を意味します。つまり、インターネット上の掲載は無料で行い、広告をクリックしサイトに移動をするなどのアクションを起こしたときのみ課金されるというのがPPC広告というわけです。この何らかのアクションを起こしたときのみ課金されるというPPC広告は、SNS型「Instagram」に適しています。
 「Instagram」は写真投稿SNS型です。自分が撮影した写真を投稿したり、世界中のユーザーの写真を観覧できるSNSです。写真にエフェクトをかけたり、色味を変えてみたり、ぼかしをつけたりと様々な加工ができるため、同じ場所や同じ被写体でもユーザーによって大きく異なる写真が出来上がります。このようにオリジナルティ溢れた写真にはコメントや「いいね」という、いわば賞賛の足跡を残すことが出来ることが特徴でもあります。
 自分が良いと思った写真がどこで撮られたか、どのような撮り方をしたのか、撮った人物はどのような思いだったのかを知るため、ユーザーは投稿された写真や詳細をクリックしさらに知ろうとします。写真というアイコンに興味を持ち、さらに詳細にアクセスするという過程はPPC広告そのものです。「Instagram」の利用ユーザーは常日頃、意識しなくともPPC広告と同じ形の観覧機能を使いこなしているといえます。PPC広告もインターネット上の限られたスペースの中で、ネット利用者が魅力的に感じる写真、イラスト、キャッチフレーズを掲載しています。そのため、ユーザー同士が投稿しあう中に魅力的なPPC広告を掲載すれば、興味を持ったユーザーが自然と詳細にアクセスし広告を観覧するのです。SNS型の利点の一つに親近感が持ちやすいというものがあります。それは、SNS自体がユーザー同士の交流の場になっているからです。インターネット上のサイトだけでは、「会社と消費者と」いう壁があり広告自体が宣伝として敬遠されがちです。また、この広告は本当に安全なのかという不安から気軽に観覧できない場合もあります。しかし、SNS型は「同じユーザー同士」という親近感と安心感があり、より広告との距離が近いものになります。そこにPPC広告を導入するというのは、普段インターネット上の広告を見ない利用者も気軽にアクセスし、より観覧数を上げることにつながるのです。以上の理由から「Instagram」はPPC広告に適しているといえるのです。

PPC広告の種類:検索連動型「GoogleAdWords」の概要と特徴

効率よく集客ができるPPC広告にはさまざまな種類があり、検索連動型となる検索エンジン広告の効果は高く、リスティング広告ともいわれ数々の企業から利用されています。2大検索エンジンのヤフーやグーグルのポータルサイトでの検索結果上位に表示され有用性も広く認知されるPPC広告にはヤフーやグーグルの他にもPPC広告があり、JリスティングやJWordなどのPPC広告もある中でGoogleAdWordsは、利用者数も世界でトップとなるシェアを誇り国内ではヤフーに続いて2位となるPPC広告の代表的なものとなっています。GoogleAdWordsのPPC広告の特徴は、検索連動型である検索ユーザーの広告クリック率によって広告掲載料が発生する仕組みとなっており、完全なクリック課金制からなるシステムで企業側からのメリットのあるものとなっています。検索するユーザーからの広告クリックがなければ費用の発生なく効率のいい集客が見込めコスト対策にもなる有効なものとなっています。GoogleAdWordsのPPC広告を利用すればグーグルの検索結果のみならずグーグルと提携するホームページやブログのWebサイトへも広告が掲載されることとなり、動画の広告からテキスト広告、イメージ広告などあらゆる種類の広告を掲載することが可能になります。クリックされる回数と入札単価などのかけ合わせた金額をグーグルへと支払う課金制度が特徴で魅力的でもあります。グーグルのPPC広告利用で掲載できる広告の種類には検索ネットワークとディスプレイネットワークの2種類に分かれて多くの掲載場所が提供されます。検索ネットワークでは、グーグルアドセンスを導入する個人のホームページやブログ、ランディングページをはじめ画像検索やグーグルマップからショッピングなどで掲載でき、ディスプレイネットワークではグーグルのパートナーサイトであるYouTubeや関連サイトなど、キーワードのテーマに関連して表示できるようになります。またキーワードターゲット広告の出頭者側の登録するキーワード結果でも掲載され、コンテンツターゲットの広告に関連するディスプレイネットワークはじめメールやニュースレターへの掲載もされます。さらにプレースメントターゲットといわれる個別で掲載できる場所を選択できるようにもなります。GoogleAdWordsには、他にも細かい設定があり多様な活用法で利用できます。