PPC広告:PPC広告の最大の利点とは

PPC広告を使う最大の利点は、手っ取り早く自分のサイトに集客を行えるということです。PPC広告を使わないでネットで集客する場合は、SEO対策などを行って自分のサイトが検索結果の上位に来るように頑張るわけですが、SEO対策は一朝一夕に効果が出るものではありません。昔は即座に上位表示させることができるような裏技的なSEOテクニックもありましたが、今はもうそういう裏技的なテクニックは検索エンジンに通用しなくなってきているので、長い時間をかけてコツコツと地味にコンテンツを作っていくことぐらいしか方法がなくなってきています。SEO広告で集客の効果を出していくには、最低でも数ヶ月はかかります。しかしPPC広告を使えば、お金さえ払えば検索結果の上の方に広告がすぐさま表示されますから、圧倒的なスピードで集客をすることが可能です。また、PPC広告をサイトに設置しているネット上に無数にあるランディングページにも広告を表示させることができるようになります。このように、お金さえかければ瞬時に集客を行えるというのがPPC広告の最大の利点です。のんびりSEO対策なんてやってられないという人に向いている手法です。また、PPC広告は費用対効果も高いというメリットがあります。PPC広告というのは「Pay Per Click」の略なのですが、日本語に翻訳すると「クリック課金型」などと言われます。クリック課金型なので、クリックされて始めて広告料がかかるという仕組みになっています。クリックするのは基本的にその広告に興味のある人なわけですから、興味のある人にピンポイントで訴求できるということで、PPC広告は無駄の少ないまことに費用効果の高い広告媒体であるといえます。本当に客になってくれるかどうかも分からない人の家にチラシをポスティングしたり、高い宣伝費を払ってテレビでCMを打つよりも低予算で効率よく広告を出せるのがPPC広告なのです。PPC広告は資金に余裕の無い中小零細企業や個人事業主でも出すことができます。インターネットにつながるパソコンさえあれば誰でも使えるのがPPC広告のいいところです。といっても広告費が潤沢にある大企業はビッグワードでガンガンPPC広告を出してくるので、弱小企業は複合キーワードなどニッチなところで勝負していく必要があります。ニッチなキーワードで勝負していけば、弱小企業でも十分PPC広告の恩恵にあずかることができます。PPC広告は最初難しそうに思えますが、慣れてくれば簡単なので一度使ってみるといいです。

PPC広告:初めてPPC広告を利用するときの注意点

PPC広告を初めて利用するときの注意点として、キーワードの選び方があります。PPC広告はあくまで企業の宣伝のための手段であって、目的ではありません。広告費にだけお金をかけて元が取れなければ、経営破綻のリスクがあります。
初めてPPC広告を出す場合「自分たちが売りたいもののキーワードを入れれば、勝手にお客さんが集まる」と考えてしまうケースが多いです。
良いものを作っていれば売れる、良いサービスを提供していれば誰かが振り向いてくれるという考えで、自分たちが売りたいものや伝えたいことばかりを前面に押し出してしまうのです。
しかし、安易にキーワードを選定してしまうとPPC広告の効果はほとんどなくなってしまう可能性があります。
PPC広告で集客するときには、まずは商品やサービスの特徴を再度洗い直すことが大切です。どんなお客さんをターゲットにするのか、商材をアピールするにはどんな点を強調すればいいか、その商品しかない強みは何かを考えてみるということです。
PPC広告は、お客さんを絞り込んでその個人に向けて手紙を出すような感覚で作ることが大切です。たくさんのお客さんをターゲットにしても、じっくり広告を見て商品を買ってくれる気になる人は少ないです。
PPC広告でキーワードとして強いのが、お客さんが悩んでいることです。例えば関節痛で悩んでいるユーザーであれば関節に良いと言われている成分のサプリメントや健康食品に目をとめてくれる可能性があります。「関節」や「痛み」「サプリメント」などのキーワードで選定すれば、PPC広告を出したときクリックしてくれる可能性が高くなります。
サプリメントのメーカーで関節に良い成分を配合したサプリメントを売りたいのであれば、どういう痛みで悩んでいるユーザーがいるのかを考えてみましょう。「膝の痛み」「関節の痛み」「肘の痛み」などの悩みについて検索したユーザーであれば、そういう悩みを持っていないユーザーに比べてコンバージョン率の向上に繋がるでしょう。
LPのテキストにも悩みの内容を具体的に書いていきましょう。
注意点としては、それだけのキーワードに決めてしまうのではなく「口コミ」や「選び方」など複合キーワードも含めて設定しておいたほうが求めているユーザーにダイレクトに伝わる可能性があります。
キーワード選びで大切なのは、シーンと悩みを解決するための行動で考えることです。悩みを解決する方法として何があるかを調べたときにPPC広告が上がってくれば購入に繋がる可能性が出てきます。

PPC広告:効果を最大限に実感できるPPC広告の選び方

PPC広告はリスティング広告を包括する概念です。今までの広告は全く興味のない人にまで届いてしまっていて非効率でしたが、PPC広告は情報を欲しているユーザーに情報を届けやすくなっているのが特徴です。
SNSと連動したプロモーション広告などがあり、購買モチベーションが高まっているユーザーに対しては効果が高いです。今すぐ買いたい、選びたいと考えているユーザーに対してこそ、PPC広告は効果を発揮します。
PPC広告の効果を最大限に発揮するための選び方として、まず大切なのが自分たちの商品やサービスの強みを見つけることです。売りたい側にとっては商品の全てが魅力に見えてしまうため、それを売りにしたくなります。しかし、ユーザーが欲している情報はそこではない場合もあります。
ユーザーが悩んでいることに対してダイレクトに訴求することができる強みを見つけることが、第一に気をつけたいことです。
PPC広告は大きく分けてリスティング広告とディスプレイ広告の2種類があります。
リスティング広告の費用はクリック数×クリック単価で計算できます。効果測定タグを設置して、キーワードを決めて、ターゲットや予算を決めます。広告の制作はバナー広告かテキスト広告です。広告の最適化のためには、キーワード・広告の文言・デザインやリンク先のランディングページの内容を充実する、などの必要があります。
リスティング広告はリスティングを行なっているサービスに申し込んで費用をかけてホームページに集客するやり方です。自分でもできますが、知識が乏しいとクリック単価が高くなってしまうのでわからない場合はリスティング広告の代理店に頼んだ方がいいでしょう。
ディスプレイ広告は、WEBページの一部として埋め込み型で表示される画像や動画による広告です。リスティング広告はキーワードを設定する必要がありましたが、ディスプレイ広告はバナー画像や動画を入稿するのが特徴です。
検索だけではアプローチが難しいユーザー層にも情報を伝えることができます。キーワード設定に対して広告を表示させるPPC広告が伝えたいことにあっていない場合には、人に対して広告できるディスプレイ広告を使ってみてもいいでしょう。
PPC広告の選び方は、どんなものを扱うのかによって異なります。PPC広告さえ出せば黙っていてもお客さんが寄ってくるわけではないので、最適な広告方法を選んで、キーワードや動画などの設定を行いましょう。

PPC広告の種類:SNS型「Twitter」の概要と特徴

PPC広告はクリックすると広告を出した人の収益になる仕組みですが、SNS型のPPC広告の場合は単純にSNS上にPPC広告を出すということになります。アフィリエイトなどをやっている人の場合はサイトアフィリエイトはサイト上にPPC広告を出す場合が多いのですが、SNS型のアフィリエイトの場合はSNS上にPPC広告を出して収益化します。Twitterは企業も個人も利用しています。Twitterも他のSNSにしても拡散しやすいという特徴はあります。サイトの方が見る人の人数自体は多いでしょうが、SNSの場合は直接的な知り合いにPPC広告をアピールしやすいということがあります。もちろん個人のアフィリエイトの場合は、知り合いに広告をアピールしすぎると嫌われるのですが、それ専用のアカウントを作成し、興味のありそうな人に対してPPC広告を出すという人も多いでしょう。
企業がオウンドメディアを持つ際には真っ先に持つべきものはサイトなのですが、SNSと連動させるとより相乗効果があります。実際サイトを見ていると連動させいているものが多いことがわかるでしょう。それぞれのSNSごとのアカウントをサイトに載せることによって、積極的にアピールしています。PPC広告はいろいろな出し方があって、それぞれを連動させることによってより相乗効果を発揮します。この相乗効果というのが重要で、いろいろなものをなるべく組み合わせた方がお得でしょう。しかし、労力的に厳しい場合にはサイトを中心に力を入れると良いでしょう。最近はインターネット上のサイトよりもSNSを見る人が多いと言われており、またそのほとんどはスマートフォンから見ると言われます。LPのスマホ版のデザインもきちんとする必要があります。また、スマートフォンで見ることを前提にSNSに特化するという作戦もありますが、SNSは拡散に限界があります。もちろん一時的に大きな話題性を持つことは可能なのですが、継続的に誘導するのが難しいということです。こういったサイトなどは継続的に顧客を誘導して広告をクリックしてもらわなければ儲からないのですが、サイトの場合はそこにおいておけるので、ある程度放置していも顧客が集まります。しかし、SNSの場合は更新したものが一時的に表示されるだけなので、見てもらうのが難しいということです。更新したタイミングでSNSを開いた人がたまたま見る可能性はありますが、広げていくのが難しいということになります。

PPC広告の種類:SNS型「Instagram」の概要と特徴

Instagramとは、パソコンやスマートフォン等に向けた、画像や動画共有に特化したSNSサービスです。全世界で4億人以上が利用しており、ユーザー同士が交流するネット世界でアクティブ度が増しています。当SNSでは自分が撮影した画像に様々なエフェクトをかけられ、色々な雰囲気に加工することが可能です。また、TwitterやFacebook等との連動性が高いので、これらのSNSに簡単に投稿することも可能です。そして、お気に入りのユーザーをフォローすることで、コメントを載せることも出来ます。このSNSに企業のSNS型PPC広告を載せることが出来ます。企業のPPC広告で利用する場合は、公式サイトや実店舗での告知、そしてハッシュタグの使い方が重要になります。PPC広告では企業色や店舗情報に限定せず、パーソナルな視線でユーザーに役立つ情報を載せる事も肝心だと言えます。InstagramのPPC広告は、フィード上に通常の投稿と同じ形式で掲載されるので、他のSNS広告とは異なり広告として認識されにくのが特徴です。
InstagramのSNS型PPC広告では、画像を長方形又は正方形で選ぶことが出来ます。また、Webサイトへの誘導を促すリンクを貼れるので、興味を抱いたユーザーを効率的に自社のランディングページ等へ誘導できます。加えて、アプリのインストール画面も貼ることができ、アプリ販売にも有効な手段となっています。そして、動画広告に関しては3秒以上60秒未満で設定することができ、自社の商品やサービスを十分アピールすることができるわけです。IPPC広告には、カルーセル広告があり左にスワイプすることで、スライドショーのように画像を見せることが出来ます。3〜5枚の画像を一連の流れで見せられるので、商品やサービスの魅力を効果的に伝えられるわけです。また、このPPC広告を効果的にアピールするには、ハッシュダグの活用が大事になります。ユーザーは画像や動画を通してインスプレーションや興味を感じるので、関連ワードで表示される広告が心に残るからです。それがブランドの認知に繋がるので、何度も繰り返し目に留まることで、自然と好印象を持つようになるわけです。
InstagramのPPC広告では、広告の目的や内容に応じてアクションボタンを設定することが出来ます。「購入」や「登録」そして「インストール」などのCTA(Call To Action)を自由に設定できるので、自社の商品やサービスに興味を抱いたユーザーを取りこぼすことがないと言えます。

PPC広告の種類:SNS型「Facebook」の概要と特徴

PPC(Pay-Per-Click)広告はクリック課金型 といって、クリック1回に対して広告費用が発生するタイプの広告です。掲載しているだけで広告費用を取られるのに対して、PPC広告はクリックされなければ広告費用が発生しないので、効率よくコンバージョン率を高めたい場合に利用しやすいです。
このPPC広告の中でSNS型と言われるものは、SNSのタイムラインの中にPPC広告を表示させることができます。いわゆるインフィード型広告で、FacebookにもこのPPC広告が載せられます。
SNS型のPPC広告の中では、FacebookのPPC広告はレスポンスに特化しているのが特徴です。ブランディングはあまり向きませんが、ユーザーの匿名性が低いので個人情報から精密にターゲットを設定することができます。商品の購入や問い合わせなどの反響を取るためのレスポンス広告に使えます。
Facebook広告は、年々単価が増加していますがニッチな商品やサービスに強いという特徴があります。ユーザーで多いのは30〜40代で、特に情報収集のために使われています。
FacebookのPPC広告は物販には弱いと言われていますが、ニッチ商品やサービスをレスポンスしたい場合には適しています。リスティング広告などではリーチしきれないユーザーに対しても、潜在的なニーズを拾い上げてレスポンスが獲得できます。画像が大きく使われるので、PPC広告を作るときには写真映えする商品の方が有利です。
また、広告でレスポンスするだけではなく、企業のWEBサイトに誘導するリンクなどを貼ることもできます。オウンドメディアなどをやっている企業であれば、誘致しやすいでしょう。
他のSNSに比べてその企業の情報に興味がある人にピンポイントに広告を出すことができるので、見て終わりになりにくいのがメリットです。
広告記事を書くときには、読者を明確にしてから書き始めるのがポイントです。ターゲットの年齢・趣味・関心などによってキャッチコピーを変えてみたり、写真のテイストを変えることで反響が変わることもあります。LPを作る時にも画像や見出しを変えてABテストなどを実施しましょう。
判断の指標になるのはCTR(クリック率)です。広告の効率を見る指標のことで、関連度スコアやコンバージョンレートなどの数値から分析できます。
自分たちが広告で何を伝えたいのか、他の企業と差別化できる所はどこなのかを明確にしてから、SNSの性質を生かした広告を打ち出しましょう。

PPC広告の種類:バナー広告型「MicroAd」の概要と特徴

MicroAdは、広告主のサイト来訪者を分析し、分析結果をオーディエンスターゲティングに活用するバナー広告型PPC広告です。MicroAdのターゲティング論理を使うことで、広告したい商品やサービスの認知度を高め、購買行動などのアクションへと繋げられます。オーディエンスターゲティングとは、サイトアクセスログの自動解析を利用した属性分析で、ユーザーの特質や行動パターンを解析することが出来ます。ユーザーの興味や関心、そして行動パターンを抽出することで、PPC広告配信に活用出来るわけです。このPPC広告では、サイトを訪れたゲストから抽出したデータを基にプロファイリングを行いますが、同時に汎用データを組み入れることになります。それによって、より精度の高いオーディエンスターゲティングにつなげているわけです。来訪するゲストの属性を把握できれば、クライアントごとに配信対象ユーザーを絞りこめるわけです。それによって、広告主の特性に沿ったユーザーをターゲティング出来ることになります。
MicroAdのバナー広告型PPC広告では、離脱ユーザーの追跡ができるリターゲティング機能を備えています。広告主サイトには、検索エンジン等から多くのユーザーが日々流入してきますが、その大半は最終目的ページに入る前に、他のランディングページなどに流れてしまいます。但し、離脱したユーザーの中には、広告主のサイト情報に多少の関心を持つ傾向があるわけです。それ故、来訪当初には最終目的ページに誘導できなくても、PPC広告によるリターゲティングを続けることで、次の機会に購買行動等のCPAに繋げられる可能性があると言えます。そして、当広告では適切なインプレッションを適性価格で買い付けるためのRTBを導入しており、設定している目標CPAを最大化するように入札価格を自動調節できます。それ故、PPC広告配信において、設定した予算内で戦略的に最大限のパフォーマンスを上げられるわけです。
MicroAdのPPC広告は、パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイスに展開でしており、法人Webメディアを中心に大規模な配信ネットワークを構築しています。様々なデバイスにおいてリターゲティングによるPPC広告配信を行うことで、あらゆる機会を捉えてユーザーの目に留められるわけです。それ故、広告主側としては広告効果の最大化が期待でき、収益の最大化が図れるのが特徴になっています